読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みっと日記

パルクールが好きな人が書く、パルクールが気になる人のためのパルクールメディア。

東京から3時間で行ける!宮城県の富谷パルクールパークがついにプレオープン

パルクールの練習場所がない?警備員に怒られるのはヤダ?もっとのびのびと自由に練習できる場所が欲しい?それならパルクールパークを作っちゃおう!

f:id:mitt0:20150803013624j:plain

トレーサーなら一度は妄想するそんな夢を本気で実現した集団がいる。宮城県と東京都で子どもへの運動指導やパルクール実践者向けセミナー等の活動をしているSENDAI X TRAIN(仙台エクストレイン)だ。

クラウドファンディグサイト「READYFOR?」で始まった今回のプロジェクトの名前は「 忍者の動き?!日本初のパルクールパークを宮城県に作ろう!!」。プロジェクト達成とともに目標金額を上回る96万3000円を3月下旬に調達した仙台エクストレインは、プロジェクト達成から約4ヶ月後の2015年8月1日(土)、宮城県黒川郡富谷町(とみやまち)にて日本初のパルクールパーク「富谷パルクールパーク」のプレオープンイベントを開催した。

f:id:mitt0:20150803013946j:plainf:id:mitt0:20150803013949j:plainf:id:mitt0:20150803013959j:plainf:id:mitt0:20150803013955j:plain

富谷パルクールパークは、仙台市営地下鉄南北線泉中央駅から車で約15分の距離に位置する屋外型のパルクールパークだ。田んぼが続く道路沿いに突如現れる富谷パルクールパークには驚かされるが、駅からのバスと徒歩でも十分行けるエリアにある。東京からでも新幹線と電車、バスを乗り継げば3時間程で行ける場所だ。プレオープン時点ではコンクリートの地面の上にレールやコンクリートボックス、大型タイヤ、岩なとが点在。ヴォルトにプレシジョンにレールバランスなど、基本的なパルクールの練習に使いたいオブジェクトが絶妙な距離感で配置されており、まさにパルクールのための空間になっている。現在はコンクリートの廃材置き場と見間違いかねないような見た目だが、今後、どのようなパークに進化していくのかに注目したい。

プレオープンイベントではクラウドファンディグの支援者に加え、パルクールパークの完成を祝って名古屋、東京、福島などの地域からもトレーサーが駆けつけた。パルクールスポット満載な上に一切注意される心配がないパルクールパークは、まさにトレーサーにとって「楽園」のようだ。

f:id:mitt0:20150803014228j:plain

仙台エクストレイン代表の石沢さんからは、富谷パルクールパークのプレオープンについて、次のコメントを頂いた。

パルクールを身近に感じるための手段として、パルクールパークを全国に作っていきたい。お金を貰うのが目的じゃなくて、皆の手が届くところに気軽に行けるパークを作りたい。そのためにはまず地域の住民の理解が必要になる。まずは富谷で実績を作って、モデルにしたい。全国にパルクールパークを広げて、皆で利用できるようになるのが夢。

なお、富谷パルクールパークの正式オープン日および運営方法については、追って公式ページで公開されるとのこと。公共のパルクールスポットと異なり、パルクールパークは管理が必要な私有地だ。勝手に入って自由に練習できる訳ではないので、利用の際は必ず運営している仙台エクストレインのページをチェックするようにしよう。
参考URL: http://www.sendai-x-train.com/#!park/cl5i