読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みっと日記

パルクールが好きな人が書く、パルクールが気になる人のためのパルクールメディア。

北大のパルクールサークルSPK、スポカル2015でパルクール体験ブースを設置

6月28日(日)に、「スポール&カルチャー2015 in つどーむ」が札幌市スポーツ交流施設のつどーむで開催されました。スポカルは、サッカーやバスケットボールなどのメジャースポーツはもちろん、ダブルダッチ、バブルサッカー、セパタクローカポエイラなどのニュースポーツも体験できる総合スポーツイベントです。またスポーツに限らず、ルーシーダットンやヨガ、アイヌ工芸に水墨画など、カルチャーブースも多数設置されています。

f:id:mitt0:20150706021227j:plain

※プライバシー保護のため、画像を一部加工しています。

Sapporo Pakrour Krewは2014年から2年連続でパルクールブースを設置。単管パイプと木製の跳び箱、木の板で作った簡易パルクールセットを通して、2年目の参加となるスポカル2015では、1500人を超える参加者を記録したとのこと。参加者の8割以上は小学生で、時には同伴のお父さんも一緒にパルクールを楽しんでいる様子もあったようです。

 

パルクールセットは鉄パイプ製。ヴォルトやバランス、ぶら下がった状態での移動などができるエリアに加えて、地面に木の板を置いたプレシジョンエリア、さらには網の下を這って移動するモンキーウォークエリアも設置したとのこと。朝10時から午後5時まで、参加者が途切れることは一切無かったようです。

 

Sapporo Pakrour KrewのRyu氏からは、次のようなコメントをいただきました。

去年と比較して人数がかなり増えたので、対応するのが大変だった。ベストなポジションに10名ほどのメンバーを配置したので、うまく回せて良かった。今後の運営につながる収穫だった。参加者については子どもがとにかく多かった。普段から運動をよくするタイプの子も、あまりそうじゃない子も来てくれた。アスレチックコースにしたので、本能的な遊びに対する欲求を掻き立てたようで、モンキーウォークの網に突っ込んでく子どもも、何週もしてくれる子どももいた。皆笑顔で、怪我もなく楽しそう。今回は大成功だった。

 

広がる子ども向けのパルクール体験イベント。全国にもどんどん広がっていくといいですね!